撮影後記@イーノの森撮影会、並びに【告知】

こんばんは。
飛行犬カメラマンの善甫文治です。

 

早いもので熊本大地震が発生し、10日間が過ぎようとしております。
大体におき、地震などの天災が発生した場合、その本当の戦いは10日、1ヶ月、が過ぎようとした時から。
地震発生直後はメディアもかなり報道をし、被災地の方々も緊張感などに包まれているが、
時間が経つにつれボディーブローのようにくるその本当の辛さ。
しかもこれからは夏に向けて気候もすごしにくい時期が近づいてきます。
一刻も早く、元に戻る日がやってくること、願わずにいられません。

そんな中、飛行犬撮影所として熊本大地震義援金を募集することとなりました。
具体的に、今週末4/29,30,5/1に開催予定であるイーノの森での飛行犬撮影会時より
募金箱を設置の上、皆様からの義援金を募ることとなりました。
また、飛行犬撮影会での売上の一部も同じく義援金として寄付する運びとなりました。

具体的には下記のリンクをご覧ください。

熊本地震にともなうワンちゃんの支援について

我々飛行犬撮影所一同は、ペット業界に従事するものとして遠く離れた九州の地で支援の手を必要とする
ペット達に必要な物資を援助するべきであると考え、その撮影会をペットを愛する皆様との架け橋の場所であると考え、このような活動を行うことを決定いたしました。
なかなかに寄付活動を行っても、具体的にその金銭・物資がどこに行っているのか不透明な中、できるだけ明確にするためにも、これまで関わりのあった場所にお届けしようと考えております。
今回の活動は寄付金を募る形となりますが、最終的には必要な物資に変え、お届けする形となります。
微力ながらも、具体的に一歩を踏み出すことこそ一番重要である、という信念のもと、本活動を邁進していく所存であります。

皆様のご協力、よろしくお願い致します。

さて、話は変わりますが、先日そのイーノの森で行われた飛行犬撮影会の模様です。
当日は5月中旬の陽気に包まれておりました。
まだまだ桜も色づく春真っ只中、熱いワンコ達の勇姿の姿、ごらんあれ。

 

20160409-AS6Z9491 20160409-AS6Z9640 20160409-AS6Z9830 20160409-AS6Z9991 20160409-AS6Z9004 20160409-AS6Z9300 20160410-AS6Z1277 20160410-AS6Z0865 20160410-AS6Z0989 20160410-AS6Z0680 20160410-AS6Z1655 20160410-AS6Z1834 20160410-AS6Z2757 20160410-AS6Z2831 20160410-AS6Z2484

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからタンデムフォト。

 

20160410-AS6Z1593 20160410-AS6Z3372 20160410-AS6Z3227 20160410-AS6Z2346 20160410-AS6Z2113 20160410-AS6Z1223 20160409-AS6Z8722 20160409-AS6Z0589 20160409-AS6Z0220 20160409-AS6Z1980

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンデム、これは本当に撮れるかどうかはやってみないとわかりません。
成功率非常に低いのですが、バテたワンコも仲良しくんと一緒に走るとその元気を取り戻します。
そして素晴らしい表情をくれます。

撮影を重ねながら思うこと。
毎回必ずワンコは飛んでくれるとは限りません。
しかしながら、その短時間の中で普段見せることのない表情をママさん・パパさんにみせてくれます。
そしてその瞬間をバズーカ砲で撮影、これもまた飛行犬撮影の魅力だなと感じます。

いよいよ飛行犬撮影本番の時期となってきました。
本番の夏を控え、一足速いイーノの熱い模様をお届けしました。